記事一覧

ダイバーズウォッチである「ディープシー」の防水性能は水深3,900mまでだ。

初めて登場したのは08年のことで、ディープシーがの次に耐水性能のあるダイバーズウオッチの3倍以上の耐水性を実現できた理由のひとつは、水中の高圧に耐えられる厚さ5mmのサファイヤガラスを採用したことだった。

CARTIER カルティエ
サントス ドゥ カルティエ


1904年に本格的な男性用腕時計時代を開いたサントス ウォッチの姿を今に受け継ぐ1本。特徴的なビス留めベゼルの上下を伸ばしたことで、ブレスレットとの一体感はより高まった。リンクをつなげるビスだけをYGとしたブレスレットは、独自のクイックスイッチの採用で、付属のレザーストラップと簡単に交換できる。

IWC アイ・ダブリュー・シー
ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ


ポルトガル人航海士の要望で生まれた初代の出自を伝える、6気圧防水の航海向きクロノグラフ。堂々たる大型ケースも初代からの継承で、12時位置に時分同軸積算計を持つ自社製クロノグラフムーブメントを搭載する。そのブレスレット仕様が、今年初登場。サテン仕上げのSS製H型リンクをつなぐゴールドのリンクはポリッシュ仕上げ。燦然と輝き、豪華な強靭さを主張する。

OMEGA オメガ
コンステレーション マスタークロノメーター


オメガのスポーティエレガンスを体現するコレクションを一新。ローマ数字を刻んだベゼルと、そこに置く4本爪はスリムに設え直され、より滑らかに調和を果たし、気品を高めた。そのベゼルをYGとしたバイカラー仕様のブレスレットは、SSリンクの間にYGをチラ見せ。植字インデックスと針、1つ星もYG製とした上質な装いの内に、超高耐磁ムーブメントを秘める。

シリーズのコンセプトを反映するように、チタン製のモデルはオメガがこのシリーズのために設計したラグのデザインを引き継いでいる。ラグとはストラップとケースをつなぐ部分のことだ。ケース本体と一体化し、隙間のあるラグは深海での負荷を軽減するのだという。このデザインがマンタの頭部のヒレに似ていることから、オメガは「マンタラグ」と呼んでいる。


【関連記事】:最も誠実なクリスマスプレゼント